プログラミングは所詮手段だからと言われることに違和感…

プログラミングは所詮手段だからと言われることに違和感…
Pocket

先日CEDEC2018へ参加したときの一コマ。会場にあるシンプルなメッセージに心惹かれました。

端的だけどとても大切なメッセージ。
子供にも、大人にも。
素晴らしいなと感じました。

あくまで個人的な意見ですが
プログラミングは所詮手段だからと言われることが増えて、少し違和感な日々。その発言の意図も理解した上で別にプログラミングや絵を描く事が目的で熱中したって良いじゃないか。狙いが最初からなくても良いじゃないか。
って思うんですよねー。

そこから発見したり、作品を見せながら出会ったりした経験が多かった自分だからより強く感じるのかもしれませんが、【意味のないものづくり】など存在しなくて。勝手に周りが意味の無いものに変換してしまってるだけ。

プログラミングやものづくりをする事を嫌いにさせるような大人にはなりたくないなと。

プログラミング教育カテゴリの最新記事